新規就農安定経営支援事業

2019/03/02

新規就農者が、農業経営初期の安定経営に向けてチャレンジする取り組みを支援する事業です。
多額な初期投資を必要とする園芸用施設等の整備や農業用機械の導入など初期経営を安定させる独自の支援策により新規就農者を支援します。

■ 採択要件 
次の,らΔ泙任料瓦討陵弖錣鯔たしていること。
’清伴\ぢ綽雄狹蟷饂業(旧青年就農給付金事業)の承認又は青年等就農計画の認定を受けていること。
阿波市内に住所又は事業所を有すること。
8饗А当該年度の3月31日までに事業完了すること。
せ埓播を完納していること。
セ圓選定するブランド育成品目(13品目)を生産していること。
※なす、レタス、トマト、ブロッコリー、いちご、えんどう、大根、ぶどう、キャベツ、ほうれん草、ねぎ、シンビジウム、アスパラガス
国・県の補助対象事業でないこと。

■ 補助対象経費 
 ̄犒殕兒楡濺の整備費
・融資等金額の1/2、上限100万円、1回限り、阿波市内で整備

農業用機械の導入費
・融資等金額の1/2、上限100万円、1回限り
※既に普及しているもの(トラクター・管理機など)や汎用性の高いもの(トラック・倉庫など)及び事業効果の少ないものは対象外
※「融資等」とは、金融機関等からの借入や販売会社でのローン含む

G斥冀賄の取得費
・取得金額の1/2、上限100万円、1回限り、阿波市内で取得

で斥冀蓮Ρ犒殕兒楡澆猟村變
・賃借料の1/2、上限10万円、1回限り、阿波市内で賃借